英語大学

英語大学

英語圏の人たちの「頭の中」
が学べるスクール

英語のコミュニケーションが円滑になる
「9つの英語のタテマエ」

1.How are you? は雑談の始まり
2.質問は「相手との接点」を意識する
3.リアクションは「声に出す」
4.「描写するように」具体的に伝える
5.相手の話に「自分を繋げる」
6.聞き取れなければ「すぐさえぎる」
7.「分からない」は罪ではない
8.「自分の理解」を常に言葉にする
9.「背景」ではなく「結論」から説明する 

英語大学は、
3ヶ国語x海外歴17年の
英語コーチが
少人数制で直接指導します

英語大学 代表・メインコーチ
Rene Takashi Vildosola Suzu
ki

・日本で生まれ、南米チリで17年間生活
・母国語はスペイン語
・上智大学国際教養学部卒
・異文化コンサルティング会社に入社
・Jリーグの国際試合の会見通訳を担当
・英会話カフェ・スクールを共同経営し、
 年間1万人の英語学習者の話し方を分析

「伝わりやすさ」は
単語量と文法で決まらない

日本人の頭の中

早急に資料を送ってくれる?

「早急」という意味を
察してほしい

 Could you send me the document
"as soon as possible" ? 


英語圏の人の頭の中

早急に資料を送ってくれる?

「具体的にいつなのか」を
伝えてほしい

   Could you send me the document
"in 15 minutes" or
"after this meeting" ?
 

目指すのは
「シンプルで」「具体的な」
コミュニケーション
だから、中学英語だけでいい

中学英語でいい3つの理由

1.ネイティブの日常会話の8割が「中学英語」で構成されている

2.学校で習った知識を見直した方が効率的に話せるようになる

3.グローバルでは「正しい英語」より「伝わる英語」が必要

英語大学で得られる5つのこと 

1.ネイティブに負けない会話力が身につく

2.伝えたいこと瞬時に言えるようになる

3.雑談やディスカッションを体系的に学べる 

4.聞き取れなくても相手と意思疎通が取れる

5.自然に会話を発展させるようになる

受講生の声

K.T.さん 外資系勤務

入学前は英語力は「単語や文法をどれだけ知ってるか」で決まると思っていましたが、 「目の前の相手と、どうやってコミュニケーションを取るか?」という考え方をレネさんから教わってから 、45分間もネイティブと話せるようになりました!
この成功体験がとても大きな自信になりましたね。

T.H.さん 研修講師・ラジオDJ

英語を話せるようになるには1,000時間かけないといけないと思っていたし、単語や文法の勉強もたくさんやらないと、という思い込みがあったのですが、その「常識」を見事に覆してくれました!
親身に相談に乗ってもらえる機会もあるし、何より夢や目標を持った方が多いので、とても刺激的な時間を過ごしています。




K.K.さん 日系企業グローバル部勤務
 
英語を使って仕事をしてから7年が経ち、ブランクが不安でした。国際色豊かな会議の場に出るようになっても、最初はなかなか発言できずにいました。
しかし、レネさんから英語圏の人たちと話す上で必要な「振る舞い方と心構え」を教わり、発言量が増え、会議も積極的に発言できるようになりました。今後の目標は自分で会議のファシリテーションができるようになる事です。


「英語を話せない」から
一緒に卒業しませんか?

こんな方におすすめ

✓ 通訳なしで、海外旅行をできるようになりたい方

 ✓ グーグル翻訳なしで、海外の人とコミュニケーション取りたい方

✓ 留学前に自信をつけたい方

✓ TOEICの点数は高いが、上手く話せない方 

✓ 最近社内で英語を使う機会が増えてきた方

スケジュール

【コーチングセッション】
・水曜日:
20:30 - 21:30 (Starters)
21:30 - 22: 30 (Intermediates)
・木曜日:
20:30 - 21:30 (Starters)
21:30 - 22: 30 (Intermediates)
 
【ネイティブスタッフと会話】

・月曜日:
 21:00 - 22:00(Intermediates) 

・金曜日: 
21:00 - 22:00(Starters)
22:00 - 23:00(Intermediates)

※セッションは、ご都合に合わせて受講することが可能です。

無料体験はこちら

Japan

プライバシーポリシーを読み同意します。