英語大学

自分らしい英語が話せるようになる
コミュニケーション特化型
コーチングスクール

想い

英語と日本語が思うように 
話せなかったからこそ
自分の言葉で話せる楽しさを
多くの人に届けたい

英語大学 代表・メインコーチ
Rene Takashi Vildosola Suzu
ki

・上智大学国際教養学部卒
・日本で生まれ、南米チリで17年間生活
・母国語はスペイン語
・アメリカに行かずに英語をマスター
・異文化コンサルティング会社に入社
・Jリーグの国際試合の会見通訳を担当
・英会話カフェ・スクールを共同経営し、
 年間1万人の「日本人の話し方」を分析

目指すのは
シンプルで伝わりやすい会話
だから中学英語だけでいい

中学英語がいい3つの理由

1.会話に必要な表現の8割が中学英語

2.シンプルな英語の方が相手に伝わる 

3.分かりやすく伝えた方が印象がいい

レネさんとできるようになること

1.相手から質問をもらえる自己紹介

2.単語や表現に詰まらなくなる

3.早い英語に対応できるようになる

4.進んで会話ができるようになる

週2回x3ヵ月で30分以上話せるカリキュラム

1.言い換え練習(週1回)

日本人が良く英訳できない文を題材に、瞬時に英訳する方法を学ぶ

2.リスニング練習(週1回)

聞き取れない時の対処法を学び、相手の英語をその場で理解できるようになる

3.質問練習(週1回)

相手との共通点が見つかりやすくなり、会話を自然と展開できるようになる

4.Show and Tell(週1回)

携帯の中にある写真を題材に、魅力的な説明ができるようになる

5.補講(月1回)

レッスンで解消できていない相談をレネさんや他の参加者と一緒に考える

レネさんが目指す
「新しい英会話の形」

1.「先生主体」より「生徒主体」

2.「単語の暗記」より「会話の練習」 

3.「競い合い」より「学び合い」

受講生の声

K.T.さん 外資系勤務
「英語力は知っている単語や文法の数で決まると思っていた」 


入学前は英語力は「単語や文法をどれだけ知ってるか」で決まると思っていましたが、 「目の前の相手と、どうやってコミュニケーションを取るか?」という考え方をレネさんから教わってから 、45分間もネイティブと話せるようになりました!
この成功体験がとても大きな自信になりましたね。

T.H.さん 研修講師・ラジオDJ
「 勉強した時間で英語力が決まると思っていた」


英語を話せるようになるには1,000時間かけないといけないと思っていたし、単語や文法の勉強もたくさんやらないと、という思い込みがあったのですが、その「常識」を見事に覆してくれました!
親身に相談に乗ってもらえる機会もあるし、何より夢や目標を持った方が多いので、とても刺激的な時間を過ごしています。

K.K.さん 日系企業グローバル部勤務
「7年の英語のブランクに不安を感じていた」

 
英語を使って仕事をしてから7年が経ち、ブランクが不安でした。国際色豊かな会議の場に出るようになっても、最初はなかなか発言できずにいました。
しかし、レネさんから英語圏の人たちと話す上で必要な「振る舞い方と心構え」を教わり、発言量が増え、会議も積極的に発言できるようになりました。今後の目標は自分で会議のファシリテーションができるようになる事です。


「英語を話せない」から
一緒に卒業しませんか?

こんな方におすすめ

✓ 学校に通ったが、思うように話せていない方
✓ 留学や旅行前に自信をつけたい方
✓ TOEICの点数は高いが、会話が苦手な方 

スケジュール

【レネさんとのグループセッション】
・水曜日:
20:30 - 21:30 (初級)
21:30 - 22: 30 (中級)
・木曜日:
20:30 - 21:30 (初級)
21:30 - 22: 30 (中級)
 
※セッションは、ご都合に合わせて受講するが可能です。

無料体験はこちら

(検討されているコースがありましたら、併せてご記入ください) 

Japan

プライバシーポリシーを読み同意します。